メキシコは衛生状態が悪くデング熱が流行しやすい地域

メキシコとは、正式名をメキシコ合衆国という、連邦共和制国家です。

公用語はスペイン語で、スペイン語圏の中で最も人口が多い国です。かつてはアステカ帝国が栄えていましたが、スペインの植民地となってしまいました。しかし、19世紀にスペインからの独立を果たし、独自の文化が形成されてきました。

食文化は、トルティーヤと呼ばれているとうもろこしを原材料とした生地が主食です。

ブリトーやタコスなどを一度食べたことのあるという人も多いのではないでしょうか。

これらは昔から食べられていた有名な料理で、国内に数多くのレストランが存在しています。

スポーツでは、サッカーが特に盛んで、メキシコに来たらサッカー観戦をしたいと思っている人も多いです。ワールドカップでも活躍していて、何度も決勝トーナメントに出場した経験のある強豪国です。

首都であるメキシコシティには、世界文化遺産に登録されている場所が5つあり、毎年多くの観光客が訪れる人気の都市です。

特に人気なのが、世界最大の宗教都市遺跡といわれるテオティワカンです。

太陽のピラミッドと月のピラミッドの2つに登ることができ、古代の文明の息づかいを感じることができる点が、人気を集めています。ピラミッドの頂上からの眺めもよく、特別なエネルギーを受け取ることができるとして、パワースポットとしても注目されています。

カールズバッド洞窟群国立公園も、世界文化遺産に登録されていて人気のスポットです。長い年月を重ねて作られたつららがライトアップされていて、幻想的な風景を醸し出します。

デートスポットとしても人気で、不思議なパワーを感じることができます。

ホワイトサンズという真っ白な砂漠も、観光客には人気です。広大な白い砂と青い空が広がる風景は、普段味わうことのない開放感をもたらしてくれ、リフレッシュすることができます。

白い砂は石膏でできていて、世界的に見てもとても珍しい現象だと言うことが出来ます。そりを買って、そり滑りをして遊ぶこともでき、子ども連れにも人気のスポットです。

さらに、アルバカーキ国際気球フェスティバルという、毎年10月に開催されている気球の祭典も人気です。色とりどりの気球が青空に舞う姿は、一度見ておくと良いでしょう何年もかけて形成されたつららがライトに照らされてとても神秘的なものとなっています。

メキシコとは、独自の古代帝国の文化に触れることができ、美味しい食べ物も堪能することができる都市です。観光国としても人気なので、一度訪れてみるのも良いでしょう。